メニュー

慢性前立腺炎 慢性骨盤通症候群について

[2024.04.12]
会陰のあたりに不快感、下腹部の違和感、鼠径部の痛みなど、陰嚢の不快感、ペニスの違和感など人によって訴えは様々です。排尿時の痛みや排尿障害を伴うこともあります。胃が痛ければ胃が痛いと自覚できますが、前立腺が痛くても前立腺が痛いとは自覚できないのだと思います。前立腺に慢性的に炎症が生じることで引き起こされます。明確な診断基準はなく、ほかに原因となるものがなければ慢性前立腺炎となります。長時間のデスクワークや自転車・バイクなどの会陰への機械的刺激が悪化要因とされています。血流の鬱滞が原因の一つと考えております。誰しもが一過性にはこのような症状を自覚したことがあるのかもしません。症状が長く続き、QOLの低下につながると治療対象となります。抗生剤が効く症例もあるので、一度は抗生剤を試します。前立腺圧出法(肛門から指をいれて前立腺を押します)の後の尿を検査することが有用との報告もあります。また前立腺圧出法そのものが治療となることもあります。治療はまずは生活指導です。前立腺の血流鬱滞を避けることです。 次いで薬物治療です。前立腺炎に有用とされている薬物治療はいくつかあります。当院では漢方治療として、竜胆瀉肝湯を中心に八味地黄丸、補中益気湯、桂枝茯苓丸、猪苓湯といった薬剤を追加していきます。血流の鬱滞は比較的漢方が得意とする領域かと考えております。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME