メニュー

更年期障害と漢方治療

[2024.04.01]
漢方が役立つと領域の一つが更年期障害です。多種の薬剤が女性においても男性においても使用されています。症状に合わせて選択していき、そこに漢方ならでは考え方も合わせていきます。 男性では、虚証では当帰芍薬散、実証では桂枝茯苓丸といった分け方からの薬剤の選択があります。次いで症状からの薬剤選択があります。イライラ、気鬱といった精神的な症状に対しては、桂枝加竜骨牡蛎湯。不眠には抑肝散。食欲不振、疲労倦怠感には補中益気湯といった選択です。ストレスと男性更年期の関連が指摘されており、精神的な症状を取ることが重要と考えられます。当院は泌尿器科ですので、そこに男性ホルモンの補充やED治療薬を並行して進めていきます。 女性の更年期障害、のぼせ、ほてり、発汗、不眠、抑うつ、易疲労感、といった症状に対して加味逍遥散から開始して、症状に合わせてもう一剤使用していきます。女性更年期障害への漢方治療はホットフラッシュを抑えます。これらの漢方が前立腺がんでホルモン治療を受けている方のホットフラッシュにも応用ができると考えております。前立腺がんにてホルモン治療を受けておられる方でホットフラッシュを訴える方はたくさんおられます。当院ではホットフラッシュの漢方治療も積極的にしていきたいと考えております。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME