メニュー

性器ヘルペスの話

[2024.06.04]
ペニスの表面の異常にも種々の原因があります。 細菌感染による亀頭包皮炎、接触皮膚炎、性器ヘルペス、カンジダによる亀頭包皮炎といったところが鑑別になります。すべて治療が異なるので正確な診断が必要です。 性器ヘルペスとは、性感染症の一つと認識されております。男性では亀頭周囲、肛門周囲の皮膚や粘膜に浅い潰瘍や水疱を伴う病変として認識されます。ぴりぴりとした痛みを伴うことが多いです。女性では腟尿道周辺の粘膜や皮膚に同様に痛みをともなう病変が出現します。単純ヘルペスウイルスの感染が原因です。 病変部を綿棒でこすって抗原検査をすることで診断ができます。コロナやインフルエンザでは鼻の奥に綿棒を入れますが、ヘルペスの場合は病変そのものに綿棒をこすりつけて検体を採取します。 当院でも検査キッドは常備しており、10分程度で結果が判明します。 抗ウイルス薬による治療後、ウイルスは不活性化して潜伏状態となります。症状は完全に消失して治癒したように思えるのですが、神経にウイルスが潜んでいます。再活性化してまた水疱などの皮膚病変が出現することがあり、この疾患の怖いところです。ヘルペスウイルスを根治するのは困難なのです。 頻回に再発する方にはPITというあたらい考え方の治療ああります。Patient Initiated Therapy の略語で、痛みなどの初期症状を自覚したら、患者さん自身の判断で抗ウイルス薬を内服してもらいます。PITにより早期治療ができ、重症化が抑制されます。 症状が出てからの受診ではPITはできません。症状のない間に受診して薬をもらっておいて、いつでも内服できるようにしておくということです。 年末年始ですぐに受診できる医療機関がない場合の備えにもなります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME