メニュー

前立腺がんホットフラッシュについて

[2024.04.12]
ホルモン治療とは、腹部に皮下注射をして男性ホルモンを低下させることです。がんに対しては非常によい治療ですが、男性更年期の状態を人工的に作ったことになります。顔のほてりや上半身の熱感、発汗などを主とするホットフラッシュは、前立腺がんのホルモン療法中のかたが、よく訴える症状です。程度の差があれ、ほぼすべての方がホットフラッシュを自覚されます。一部にQOLの低下を強く訴える方もあり、治療変更に至ることもあります。 確たる治療はないのですが、セロトニンの関与が指摘されており、抗うつ剤は有効との報告といくつかの漢方治療が報告されております。桂枝茯苓丸から開始して、有効な治療を探っていくことになります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME